前へ
次へ

調理法1つで五感が鍛えられる

調理1つ変えるだけなのに、五感に違いが出ます。
子供にとっての食育に繋がるのではないでしょうか。
例えば、香りも香ばしい香りは焼く(ソテー)調理で感じます。
サクッとした音は、揚げる調理です。
また、食感にこだわりを持つ人は多いようで、特にお米(ご飯)に関しては、それぞれ炊き方にこだわりがあるでしょう。
もちろん、お米の品種で異なるものの、やわらかめ、普通、かため、こうした調理は炊飯器に任せることができます。
お粥なら、消化を助けるためにやわらかめ、酢飯を作るならかために炊くのがポイントです。
炒める調理は頻繁に行うものの、夏の時期に火を使うのを苦手とする主婦も多いはず、揚げ物はデパ地下のお総菜で賄う主婦もいらっしゃいます。
だからこそ、夏の時期には「あえる」調理がおすすめです。
パスタでさえも、ソースをあえるだけです。
スパゲティを茹でることもしたくない、そんな時には一晩、水に浸けてふやかしておくだけ、後は電子レンジで数分だけ茹でる、それだけでアルデンテの食感に仕上がります。
パパッとあえるパスタソース、マリネ液、ゴマ和えの素など、最近は便利なものが手に入ります。
買ってきた揚げ物もサクッとさせるためにオーブンレンジの機能が役立ちます。

手袋したままでも使いやすいアイテム
外での料理に役立つアイテム取り揃えております

貸切できるイタリアンレストラン
宴会や年末年始のイベントには名駅すぐにビビをお選びください

和・洋・中何にでも合うラム肉のレシピ
いろんな料理のお肉をラム肉に変えてみました

妥協しないから続いている本格鍋
よし田のもつ鍋はずっと続く本当に美味しい鍋に仕上がっています

最近では、ズボラ調理として圧力鍋が活用されています。
圧力をかけて調理するだけ、火を止めて数時間待っていれば、厚みのあるお肉にもしっかり火が入り、ジャガイモなどの根菜類、小骨が気になる魚も、柔らかくなります。
しかし、ズボラ調理にはフライパンも使用されています。
いわゆるフライパンひとつで、という調理法です。
ハンバーグだってタマネギを炒めて、挽き肉を入れてこねるのもフライパンの中で、そのまま成形して焼くだけです。
親子丼も牛丼も、1人分から家族分までフライパン1つでできます。
調理法として、長時間手間暇かけるものもあります。
例えば、カレーも煮込めば煮込むだけ、スパイスが香り、肉も柔らかくなります。
一般的に2日目のカレーが美味しいといいますが、寝かせることで旨味が倍増します。
洋食でいうなら、デミグラスソースも火をつけっぱなし、煮込み時間も数日という場合もあるほどで、コク、深みが出てくるそうです。
長時間の煮込み、こうした調理法は単に食材を柔らかくするためではなく、味を染み込ませるため、食材同士が喧嘩せず、味に統一感を出すためでもあるようです。

Page Top